葬儀の費用を下げるには?

葬儀費用を抑える際の注意点

葬儀費用を抑える際の注意点の写真

家族葬・葬儀を藤沢でするならグランドセレモニー。格安で豪華な葬儀で人気の葬儀社グランドセレモニーです。
https://www.grandsougisya.co.jp/fujisawa.html

葬儀の費用を抑えようとすると、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか。1つ目は、定額制の葬儀プランを契約したにも関わらず、追加料金を請求されることがあるということです。安価なプランでは、必要最低限のものしか含まれておらず、僧侶への供物代や遺体のドライアイス代などが含まれていないことが多いです。このような場合は、追加費用が発生するかどうかを確認し、口頭ではなく、書面ですべてを取得することを確認してください。次に、契約内容と実際の葬儀の内容に齟齬がある場合があります。例えば、お通夜サービスのメニューと花輪の数が違っていた。この場合も口頭だけではなく、契約書の内容をすべて書面にしてもらうようにしましょう。3つ目は、費用が安すぎると葬儀の見栄えが悪くなり、参列者に不快感を与えたり、親族に不満を与えてしまう可能性があります。葬儀の優先順位を決めて、納得のいく葬儀を行うようにしましょう。

葬儀費用を安くするメリット・デメリット

メリット

葬儀費用に充てようとしていた予算を浮かせて供養に充てることができるというメリットがあります。お墓を建てる費用の平均は150万円~300万円程度と言われています。これに葬儀にかかる平均的な費用を合わせると約500万円となり、かなり高額な出費になってしまいます。葬儀費用を抑えることで、立派な供養とお墓づくりに予算を割くことができます。

デメリット

親族や周囲の人から反対される可能性があります。葬儀費用を抑える簡単な方法は、葬儀の形式や内容をシンプルにすることです。直葬の場合は30万円から60万円程度の費用がかかりますが、祭壇のデザインにこだわらなかったり、花輪の数を減らしたりすることで費用を抑えることができます。ただし、直葬の場合は通夜や告別式がないため、宗教的な儀式はありません。直葬に慣れていない親族の中には、反対する人もいるかもしれません。また、葬儀の内容をシンプルにすることで、葬儀自体が安っぽく見えてしまい、参列者に不快感を与えてしまうこともあります。