葬儀の費用を下げるには?

その他の方法

その他の方法の写真

家族葬・葬儀を藤沢でするならグランドセレモニー。格安で豪華な葬儀で人気の葬儀社グランドセレモニーです。
https://www.grandsougisya.co.jp/fujisawa.html

葬儀の形を変えずに費用を抑える方法をご紹介します。葬儀の形を変えることで費用を抑える方法を紹介してきましたが、ここで説明するのは、保険や給付金など、葬儀の形を変えずに費用を抑える方法です。条件を満たせば多くの人が利用できる制度が多いので、活用してみると良いでしょう。

市民葬・区民葬を利用する

葬儀の価格を自治体が設定し、葬儀を執り行います。葬儀の内容はほぼ同じですが、ほとんどの場合、相場よりも安い価格になっています。ほとんどの場合、相場よりも安い価格になっています。しかし、市民葬や区民葬の場合は、葬儀に必要な最低限のものしか料金に含まれていないので、きちんと調べて検討する必要があります。

葬儀補助制度と補助金を利用する

葬儀補助制度とは、経済的な理由で葬儀にかかる費用を賄うことができない喪主が利用できる給付金の一種です。葬儀にかかる費用が足りない場合、最低限の葬儀ができるようにお金を受け取ることができます。この制度を利用したい場合は、お葬式の前にお住まいの地域の福祉事務所で申請する必要があります。受給できる金額には上限があり、地域によって異なりますが、15万円から25万円程度の受給が期待できます。

生前予約

葬儀を生前予約すると、実際のお葬式にかかる費用を具体的に見積もることができます。また、生前に故人と葬儀プランを話し合うことができるので、故人が望んでいた葬儀を行うことができるのもメリットの一つです。費用をどのように準備するか、会食をなくすにはどうすればいいか、家族葬にするにはどうすればいいかなど、故人と事前に話し合うことができます。

葬儀保険

葬儀保険は葬儀の際に保険金を受け取ることができる制度です。保険期間は1年から2年程度です。死亡時に支払われる保険金は、1人あたり300万円以下。月々の保険料も1,000円程度で済むので、比較的利用しやすいのも特徴です。特に60歳以上で生命保険に加入していない人におすすめです。生命保険は高額なので、高齢になると加入を渋る人が多いです。しかし、葬儀保険であれば、保険料が安く短期で済むので、加入しやすい保険と言えます。

相続した資産から支払う

葬儀費用を安くするもう一つの方法として、故人の相続財産から葬儀費用を支払うという方法があります。これは葬儀費用が安くなるということではありませんが、相続財産から葬儀費用を支払うことは相続税対策になります。そのため、最終的には費用を抑えることができます。